2006年11月21日

ドラゴンフルーツ

前回の写真から、2週間経ちました。

茎も太くなり、葉っぱも大分大きくなりました。

これから、本格的に寒くなりますので、何処まで育つか心配ですが愛情込めて

(といっても、乾燥しないように単に水をやるだけですけどね)、育てていきます。

早く本葉が出ないかなア。


??〓 028.jpg  ??〓 029.jpg
posted by ☆男 at 10:09| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラゴンフルーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

ドラゴンフルーツ(2)

ドラゴンフルーツの実生、順調に育っています。
まだ双葉の状態ですが、前回より葉っぱも大きく、茎も太くなっています。
ここまでは、普通の植物とあまり変わらないですね。
本葉が出れば少しはサボテンらしくなるんでしょうか?
誰か育て方知っていたら教えてください。

??〓 007.jpg
posted by ☆男 at 10:53| Comment(4) | TrackBack(0) | ドラゴンフルーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

ドラゴンフルーツ

先日、ドラゴンフルーツなるものを食する機会に恵まれた。
僕としては、初めての果物なので、興味津々食すことになったが、南方のフルーツにしては、甘みも控えめで、割とさっぱりしている。
写真を見ても分かるとおり、果実の中にはゴマ粒のような小さな種が無数にちりばめられている。
そこで僕はふと思った。
「この種を植えたらひょっとすると芽が出るかもしれない。」
何故そんなことを思ったかと言うと、昔新聞の記事で、イチゴの種から苗を育てる方法が紹介されていて、実際に試して見たら、見事に発芽して苗が育ったのです。
そんなことを思い出して、挑戦してみました。
ナント、発芽したではありませんか。
これから冬を迎えるので育つかどうか分かりませんが、暫くは、このかわいいドラゴンフルーツの子ども達を観察して行こうと思います。

【ドラゴンフルーツとは?】
中央アメリカを原産地にもつドラゴンフルーツは、サボテン科に属すことからお分かりの通り、夏の暑さや干ばつ、さらに病害虫にも強く、農薬もほとんど不要といわれている独特な形をした夏〜秋の果実です。
細長い茎が竜の形にまた、果実が竜の目に見えることから、ドラゴンフルーツと名が付いたそうですが月下美人のように夜にとてもきれいな花が咲き、朝には萎んでしまう珍しい植物でもあります。

【どんな味?】
すごいインパクトのある外見とは相反し、味は割りとさっぱりした甘さ控えめな、どちらかというとキウイフルーツに似たさっぱりした味で、お年を召した方にも味わっていただけます。また、1〜2回ナイフを入れるだけで簡単に皮がむけ、黒ゴマのような小さな種のプチプチ感もいっしょに楽しむことが出来ます。

doragon_up2.jpg??〓 004.jpg
posted by ☆男 at 16:17| Comment(6) | TrackBack(2) | ドラゴンフルーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。